Linux(CentOS8)のデータをQNAP経由でDropboxと同期する

環境

  • QNAP(TS-431X2) Version 4.4.1.1101(2019/10/25)
  • CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

手順

  1. QNAP上のコントロールパネルで同期したい共有フォルダを作っておきます。今回はlinuxとします。権限の設定でarkey22をRead/Write可能にしています。ここで権限を設定しておかないと、CentOS8からのマウントに失敗します。
    なお、Dropbox上にもlinuxフォルダを作っておきます。(画像は割愛)

2. 1で作ったQNAP上のlinuxフォルダをCentOS8でマウントします。今回は/dataにマウントします。/dataは事前にmkdirしておきましょう。
なお、cifsでマウントするにあたって、CentOS8 minimalでインストールしているとcifs-utilsが入っていないので、”dnf install cifs-utils”でインストールする必要があります。

[arkey22@hinata]$ cat /etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Fri Oct  4 07:26:08 2019
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk/'.
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info.
#
# After editing this file, run 'systemctl daemon-reload' to update systemd
# units generated from this file.
#
/dev/mapper/cl-root     /                       xfs     defaults        0 0
UUID=95396d36-9752-484a-b2e3-3bbe990678dd /boot                   ext4    defaults        1 2
UUID=57C5-F6BE          /boot/efi               vfat    umask=0077,shortname=winnt 0 2
/dev/mapper/cl-home     /home                   xfs     defaults        0 0
/dev/mapper/cl-swap     swap                    swap    defaults        0 0
//192.168.0.141/linux       /data           cifs    credentials=/etc/cifspasswd,uid=1000,gid=1000,soft 0 0

[arkey22@hinata]$ df -h | grep data
//192.168.0.141/linux   1.2T  784G  385G   68% /data
[arkey22@hinata]$ ls -ld /data
drwxr-xr-x. 2 arkey22 arkey22 0 10月 26 12:46 /data
[arkey22@hinata]$

3. QNAPのAppCenterから「HBS 3 Hybrid Backup Sync」を開きます。

4. 「作成」→「一方向同期ジョブ」の順にクリックして、同期ジョブ作成画面を表示させます。同期先としてDropboxを選択してください。

5. 動機元として、QNAPのlinuxフォルダ、同期先としてDropboxのlinuxフォルダを選択します。
また、アクションを「コピー」から「ミラー」に変更します。コピーの場合はQNAP側でファイルを削除してもDropboxから削除されませんが、ミラーの場合は削除されます。完全同期したい場合はミラーを、コピーだけしたい場合はコピーを選択してください。
(ジョブ名がOne-way Sync 1になっていますが、事後に撮ったのでジョブ作成時に元から入ってるデフォ値です。適当に分かりやすい名前に変えてください。)

6. スケジュールで、リアルタイム同期を選択します。ルールは今回はいじらず、次へをクリックしてジョブを作ります。

7. ジョブが作り終わったら、「今すぐ同期」をクリックして、同期を開始します。

8.「実行中(同期済み)」と表示されればQNAPとDropboxの同期が完了です。ずっとぐるぐる回ってますが、ジョブが動いてる状態なので、それでOKです。

9. QNAPのlinuxフォルダはCentOS8の/dataにマウントされてますので、
CentOS8の/data = QNAP(linuxフォルダ) = Dropbox(linuxフォルダ)
と、QNAP経由でDropboxに自動的に同期されます。

以上で完了です。CentOS8の/data配下にフォルダやファイルを置くと、Dropboxにも反映されます。
CentOS8にDropboxをインストールすれば良いじゃんって話なんですが、QNAPにもデータを置いておきたかったので、少し回りくどいやり方になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。