MacBookPro 14インチ(2021) 買っちゃった。

今年の目標は、無駄遣いをしないって決めてたんですが、さっそく今年の目標を破ってしまいました。

何かの拍子でMacの記事を見ていて、2021年のMBPはファンクションキーが物理になってるじゃないですか!これは、欲しい!しかも、電源がMagSafe!これは…買うしかないだろ…。ということで買ってしまいました。

買った印象としては、ファンクションキーとかMagSafeより、性能の良さにびっくりしました。
こりゃーすげーや。前に買ったMBPは16インチだったんですが、今回は14インチなので携帯性も良さそうです。

ベゼルが若干気になりますが、日常で使うレベルなら全然気にならないかな。

残り11ヶ月、無駄をしないよう気をつけます・・・。

raspberry piで二酸化炭素濃度(CO2)を測る

お世話になっております。大晦日ですがはんだ付けをしておりました。
実は、だいぶ前に購入した二酸化炭素濃度を計測する「MH-Z19B」っていう部品があるんですけど、どうやら初期不良だったみたいで計測してもエラーを吐いてたんです。

自分がなにか誤ってると信じて半分諦めてたんですが、調べてみたら故障の可能性もあるようでして、年末で時間が出来るということもあり、同じ部品を別の会社から買ってみました。


ピンが無かったので、余ってたピンを流用しました。半年ぶりくらいにはんだ付けをしました。なお、ケーブル接続部は使わない&邪魔なのでニッパーで切り落としました。
#切り落とせと言わんばかりに切り取り線のごとく薄く穴が掘られてました。

結論から言うと、無事にCO2の値を取得出来ました。二酸化炭素センサー (MH-Z19B) を Raspberry Pi で使ってみたを参考に配線して、コマンドを叩いて、完璧です。

root@ras4:~# /usr/bin/python -m mh_z19
{"co2": 1522}

既にライブラリがあるので神ですね。ただ、JSON形式で返してくれることはとても嬉しいのですが、このままですとZabbixで処理できないため、jqコマンドで必要な情報だけ抽出します。

root@ras4:~# /usr/bin/python -m mh_z19 | /usr/bin/jq .co2 -r
1522

はい、Zabbixで処理出来る文字列になりました。
このままだと、ただ標準出力に出力されるだけなので、適当に/tmpあたりに吐き出すようにします。あと、1分ごとに実行したいので、crontabに以下のように記載します。

root@ras4:~# crontab -l
*/1 * * * * /usr/bin/python -m mh_z19 | /usr/bin/jq .co2 -r > /tmp/co2
root@ras4:~#

これで定期的に値が出力されるので、Zabbix側でも定期的に読み込むようにします。
アイテムの新規作成で、キーの「vfs.file.contents」を使います。これはラズパイにzabbix-agentがインストールされててzabbix-serverから認識出来てないと使えない機能だった記憶です。前もってラズパイとZabbixを連携しておいてください。

そうすると、Zabbixで情報が収集されて、グラフ化されます。じゃじゃーん。

1500ppmは少し高いですが、窓もドアも閉め切ってるのでこんなものかな。データシートによると、±50ppm+3%なので、結構正確な値を出しているようです。

なお、mh_z19 --allで他にも値が出ますが、不明な点が多かったです。

root@ras4:~# /usr/bin/python -m mh_z19 --all
{"SS": 0, "UhUl": 10240, "TT": 63, "co2": 1446, "temperature": 23}

色々調べたのですが、「SS」と「UhUl」と「TT」についてはundocumentedで、明文化されてないようでした。ただし、TTについてはtemperature+40の値という噂レベルの書き込みもあって、何度かコマンドを叩いて確認したところ確かにtemperature(celsius)+40でした。他の値を含め、co2以外の用途は不明です。

秋風が雲を運び、遥か遠くの山々の稜線がくっきりと見えるほど冬は近づいていることを肌で感じています。

近づく冬至と遠のくバイク

皆様、いかがお過ごしでしょうか。僕はここのところ、乾燥の影響なのか風邪を引きまくってます。正確には扁桃腺が腫れまくってます。本気で切除手術を考えているところです。1週間くらい入院しなきゃだけど。

さて、この時期は寒さが強くなり、バイクを出すのも億劫になる時期ですね。もちろん防寒装備をして雪が積もる山間部に行かなければ、関東圏では全く問題ないのですが、これがまた大変!

上着は何重にも着重ねて、下もジーンズ一枚では凍えるのでユニクロで売ってそうな温かい密着型素材のやつを履いたり、手袋はウインカー操作がままならないくらい厚い手袋をしたり。

まぁ、それでもバイクはバイクなりの楽しみがあるので、たまに乗りますけどね。バイクは楽しいよ~ん。

ついに買ってしまった車

今日のメインのお話です。中古なんですが、車を買いました。スズキのアルトっていう車です。ここまで話すとなんてことないんですが、今回買ったのは念願のマニュアル車!5速MTです。ずっと軽トラ以外のMT車を探してたのですが、なかなか良い車が売って無い状況が続いてて、、、今月、ついに見つけました。ちょっと年式は古いですが、走行距離が1万キロ以下と良好な感じ。

というわけで、今まで乗っていたマツダのキャロルと引き換えにアルトを買いました。

でも、やっぱりマニュアル車を運転するのは最高に楽しいです!初めて免許を取った時は、マニュアルで取得したのですが、その時の楽しさが蘇ってきました。ただ、教習車よりパワーも無くてエンストしやすいので、クラッチ操作の慣れが必要です。
バイクだと体が操作を覚えてるのでどんなバイクでも乗れるんですが、車は操作が体に染み付いてないので、エンストしたり苦労しますね。
ちなみに信号待ちからの発進でエンストすると、後ろの車が車間距離を空けるようになりますw

田舎に住んでるため、必然的に車に乗る機会は多いので、そのうち慣れると思います。

バイクもそうなんですが、僕の場合は自宅からどこか行くのに車orバイクは必須なので、せめて移動時間くらいは楽しみたいなって気持ちから買いました。
電車移動だと本を読めたりするんですが、車移動だと楽しめることは運転くらいなので。

楽しいマニュアル車ライフを送ろうと思います!

grafanaを8.1.5-1から8.2.3-1にアップデートした。

# wget https://dl.grafana.com/enterprise/release/grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm
--2021-11-09 20:32:48--  https://dl.grafana.com/enterprise/release/grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm
dl.grafana.com (dl.grafana.com) をDNSに問いあわせています... 2a04:4e42:4c::729, 2a04:4e42:4d::729, 199.232.198.217, ...
dl.grafana.com (dl.grafana.com)|2a04:4e42:4c::729|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 69430539 (66M) [application/x-redhat-package-manager]
`grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm' に保存中

100%[==================================================================================================>] 69,430,539  19.8MB/s 時間 3.8s

2021-11-09 20:32:53 (17.5 MB/s) - `grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm' へ保存完了 [69430539/69430539]

終了しました --2021-11-09 20:32:53--
経過時間: 4.4s
ダウンロード完了: 1 ファイル、66M バイトを 3.8s で取得 (17.5 MB/s)

# yum install grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm
読み込んだプラグイン:fastestmirror
grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm を調べています: grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64
grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64.rpm をインストール済みとして設定しています
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ grafana.x86_64 0:8.1.5-1 を 不要
---> パッケージ grafana-enterprise.x86_64 0:8.2.3-1 を 非推奨
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

============================================================================================================================================
 Package                            アーキテクチャー       バージョン              リポジトリー                                        容量
============================================================================================================================================
インストール中:
 grafana-enterprise                 x86_64                 8.2.3-1                 /grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64                 222 M
     grafana.x86_64 8.1.5-1 を入れ替えます

トランザクションの要約
============================================================================================================================================
インストール  1 パッケージ

合計容量: 222 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64                                                                           1/2
### NOT starting on installation, please execute the following statements to configure grafana to start automatically using systemd
 sudo /bin/systemctl daemon-reload
 sudo /bin/systemctl enable grafana-server.service
### You can start grafana-server by executing
 sudo /bin/systemctl start grafana-server.service
  削除中                  : grafana-8.1.5-1.x86_64                                                                                      2/2
POSTTRANS: Running script
  検証中                  : grafana-enterprise-8.2.3-1.x86_64                                                                           1/2
  検証中                  : grafana-8.1.5-1.x86_64                                                                                      2/2

インストール:
  grafana-enterprise.x86_64 0:8.2.3-1

置換:
  grafana.x86_64 0:8.1.5-1

完了しました!


# systemctl restart grafana-server
Warning: grafana-server.service changed on disk. Run 'systemctl daemon-reload' to reload units.

# systemctl daemon-reload
# systemctl restart grafana-server

yumで入れたけどdnf使うべきだったよねとかはともかく、入れた後に再起動が必要でした。あと、daemon-reloadも必要でした。
以上!

晩秋の候、いかがお過ごしでしょうか。夏が過ぎたかと思ったら急に寒い日々が続き、ようやく秋らしい心地よさが戻ってきたかなと思います。僕は冬が好きなので、もう少し涼しくなると嬉しいですね。何が嬉しいかって、ぬくぬくの布団が最高に気持ち良いんですよね。そろそろ枕を買い換えようと思っていて、どんな枕に…

えっと、とりあえず、近況を報告しますね。

LPIC Level-1に受かりました。

この資格は比較的簡単と呼ばれてる部類の資格で、本来であればエンジニア歴0年~1年くらいが取るような試験なのですが、気分転換に取ってみました。初心に戻った気持ちで楽しかったです。Linuxの基礎知識を学ぶ資格です。

奥多摩湖に父とツーリングに行きました。

写真は父です。当日は非常に天気が良く、ツーリング以外にすること無いでしょ!ってことで強引に誘って行ったのですが、如何せん遠すぎた。下道だけで往復250km弱も走ってしまい、翌日はお互い筋肉痛になりました。奥多摩は遠い。

11月から職場が変わりました。(本題)

今までと同じプロジェクト(PJ)はPJなのですが、人数が多すぎて、紆余曲折を経て職場が変わりました。ややこしいことに、在籍状態は変わらずです。出向って扱いなのかな?
兎にも角にも、10月まで2年くらいやってたメンバーとは一旦お別れして、新メンバーでやっていく必要があるのですが、コロナ関係なく相変わらずフルリモートで業務させて頂いております。
そうなると、問題になるのが人間関係で、対面業務だった時は仕事で分からないことを優しそうな人にこっそり聞いて理解をするっていう手段を講じてたのですが、テレワークではそう上手く行かない。
正直、まだ1週間くらいしか経ってないですが、人間関係がつらいです。パワハラとかそういうのではなくて、0からの人間関係をリモートだけで築き上げるのは実に難しい。病み始め5分前くらいに切羽詰まってます。
お金を頂いている以上、それ相応の仕事をしなければいけないのですが、全然出来ていない気がして。「こんなに仕事してないけど、今まで通りのお金を頂いて良いのだろうか?」常に自問してます。

それではみなさん、良い秋日和をお過ごしください。またブログ更新しますね。