ミラーレス一眼レフカメラ(α6000)を買いました

先日の記事でミラーレス一眼を買ったことは書いたのですが、今日はそのミラーレス一眼について書きます。
購入したα6000は2014年発売の機種で、8年前のカメラです。今まではiPhoneのカメラで十分だと思ってました。わざわざミラーレス一眼を持ち運ぶのデメリットと、iPhoneで撮ってすぐにSNSに連携出来るメリットを比較すると、圧倒的に後者の方が強いのです。
ただ最近になってようやく、ミラーレス一眼にも動画撮影機能が搭載され、スマホとの連携も容易になりました。写真自体は結構好きで、特に無加工の日常を切り取った一部のような写真が好みです。
そんな背景もあり、思い切って購入してみました。そして、色々撮ってみました。今回の記事は、「素人がミラーレス一眼を買って感動した!」という、キュレーションサイトによくありそうな記事ですので、予めご了承ください。カメラに詳しい方にとっては当然だろ!という内容なので、ご容赦ください。
それでは、さっそく撮った写真を自慢していきます。

初心者あるあるだと思いますが、背景がボケるとそれっぽいのでプロのカメラマンになった気分を味わえます。(もちろんレンズとカメラの性能が良いだけで技術や知識は無い)

パノラマ撮影も出来て、シャッターを連続で切りながらカメラを右に動かすと、こんな写真も撮れます。ちなみに、これは東京駅です。

絞りを変えると、光の軌跡が残るような写真も撮れます。道路を挟んで左が日比谷公園、右が皇居です。(窓越しに撮ったので室内の明かりが写ってしまってるのはご愛嬌ということで・・・)

上に載せた写真は、全て無加工の写真です。カメラで撮った後にソフトを使って調整などは一切していません。僕の場合は写真を「芸術」ではなく「記録」として捉えているので、今後もそのスタイルは貫き通すつもりです。

また良い写真が撮れたら自慢の記事を書きますね!
ここまでお読み頂きありがとうございました。良い一日をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。