IELTSを受けた話とMT-07に1000km乗ってみての感想

前回の記事で、少し休もうかなと思ってたんですが、気づいたらIELTSの試験を申し込んでました。IELTSとは英語の試験です。Speaking, Reading, Writing, Listeningの4技能を試される試験で、TOEFL iBTと似ています。
実はちょっと前にTOEFL iBTを受験したのですが、向こうのトラブルで試験が中止となり全額返金となったので、IELTSの試験を申し込みました。

IELTSを受けた話

IELTS(アイエルツ)はTOEFL同様に合格という仕組みがなく、一定のスコアで結果が出ます。僕はOverall(4科目平均のことを言う)で5.0でした。6.0でカナダやオーストラリアの永住権取得や、7.0でハーバード大学など上位大学入学の基準があるのですが、5.0はギリギリ日常生活を送れるレベルかなと思います。
各科目別のスコアは以下のとおりでした。
– Speaking: 4.0
– Reading: 5.5
– Writing: 5.0
– Listening: 5.0
-Overall: 5.0

IELTSで6.0や7.0を取得するのが僕の仕事ではないので、いわゆるIELTS対策はしない予定ですが、もう少し英文に接する時間を増やすべきかなと思いました。
特にWriting, Speakingに関しては独学だと限界があると感じており、Writingなら添削サービス、Speakingなら英会話教室など、第三者の協力が必要かなと思いました。
IELTS対策のための海外留学なんてのもあるみたいですが、そこまでしたハイスコアを目指すわけでもないし、このご時世で海外に行くのは無理があるので…。
なので、英語は少しお休みかなと思っています。とは言え、毎日少しずつでも触らないと忘れるので、仕事や仕事の勉強の合間を見つけてやっていきたいと思います。

MT-07に1000km乗ってみての感想

次に、バイクの話です。先日のブログでも書いたんですが、大型自動二輪を取得したのでMT-25からMT-07に乗り換えました。どんなバイクかと言いますと、以下のようなバイクです。ヤマハのWebサイトから持ってきた画像を貼っておきます。パっと見た感じはMT-25とあまり変わらないです。


1000km乗って初回点検がきたので、「MT-25からMT-07に乗り換えて思うところ」をいくつか挙げます。

■良いと思ったところ
– 低速のトルクがあるので渋滞時のノロノロは1速アイドリングで、一般車のクリープ現象並みの速度が出るので楽
– MT-25とほとんど変わらない重さのため、軽い。ひらひらしてる。つまり、取り回しが超楽。軽いは正義が見事に当てはまってる。
– 加速も巡航もエンジンの回転数を大きく上げずに出来るので疲れない。

■微妙と思ったところ
– MT-25と比べて燃費が悪く、燃料タンクもMT-25とほとんど変わらんので給油の回数が増える。それでも25km/L程度ではあるけど。通勤用に買った軽自動車(マツダ キャロル)が燃費12~13km/Lであることを考えると、全然良い。
– MT-25に比べて脚付きが悪い。ステップがちょうど足を伸ばした位置にあるので、シート高+500mmくらいの脚付きで計算した方が良いかも。特に右足はステップの後ろに足を出すとマフラーに太ももが接触するので火傷する。結局、リアサスを変えてシート高を少し下げた。短足にはつらい…。

総じて、とても良いバイクだなと思いました。ちょっくら買い物に行ってくるって感じで乗れる大型バイクです。きっと日本の道路には400cc~600ccくらいのバイクが適合しているのかなぁと思います。それ以上はパワーがありすぎてエンジン出力を持て余すし、125ccだと高速や自動車専用道路に乗れないしで。400ccでも十分だと思います。
MT-07は排気量が上がったことによりMT-25にはなかった車検が必要になるので、最低でも3年は乗る予定です。(車検は新車3年、継続は2年)
※車の方ですが、、通勤から完全テレワークになり普段乗りの自動車となってしまってますが、エアコンが全然効かないこと以外は楽しい車なので、もう少し乗ります。住んでる場所が田舎なんでね、坂道多いんです。アクセル全開で減速するような坂道も多くてですね・・・エンジンをぶん回せるので、そこは楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です