仮想サーバ上に色々とサーバを立ててみました。

ちょっと前にHP ProLiant ML110 G6(いわゆるサーバですね)をヤフオクにて買ったのだけれど、あまり活用してませんでした。
結構スペックが良くてメモリも16G積んでて、仮想サーバを立てるにはちょうど良さそうだったので、サーバにESXi6.0を入れてVMの仮想環境にしました。
サーバ上の管理にはvSpahere Clientというのを使います。
vsphere.png
仮想サーバ本体が172.16.0.100で、その上でanzu,dns.mikan,proxy,wwwが動いてます。順を追って説明していきます。
・anzu・・・こちらはサーバではなく、Windows7が入ってます。仕事関係の作業はanzuで行ってます。私用のPCで仕事するとね、エロとか間違って転送したら怖いからね…。
・dns・・・DNSサーバです。DNSサーバの機能のみのために立ち上げています。
・mikan・・・こちらは汎用Linuxサーバです。色々試したりするのに使ってます。
・proxy・・・プロキシサーバ兼メールサーバ兼syslogサーバです。他のサーバに比べて容量を多めに取ってるので、色々と兼用してます。
・www・・・Web公開用サーバです。主にcactiで自宅機器を監視し、表示する為に使用してます。
以上です。ちなみに上記で紹介したサーバたちは全てCentOS7です。
ファイルサーバだけは物理で欲しいなと思うけど(RAIDの関係上)、他は仮想サーバのケースが多いです。今の仕事でも物理サーバより仮想サーバの方が多くなってきてます。
今後、サーバ系に進むとしたら仮想系の知識が必要かと思われます。ネットワーク系に進みたい身としては、仮想サーバ上でスイッチが動いてたりするので、
その辺の理解度を深めていく必要があるかなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。